覺得某個條目編寫得不錯?請至優質條目區提名或是至評選區投票吧!

蜷川實花查看源代码讨论查看历史

跳转至: 导航搜索
蜷川實花
原圖鏈接

蜷川實花(Ninagawa Mika、1972年10月18日-)日本攝影師。日本桐朋女子高等學校多摩美術大學美術印刷設計系畢業。通常愛被稱呼為「Ninamika」。

簡介

演員・導演蜷川幸雄的長女。堂姐是舞台劇女演員蜷川有紀。堂兄是構成作家夜鯉利光村上隆奈良美智等所屬的小山登美丈夫美術館旗下藝術家。

蜷川实花出生在一个艺术世家,她的母亲是一位拼布艺术家,作品色彩丰富而烂漫。蜷川的父亲蜷川幸雄更是日本泰斗级莎剧和电影导演,曾在1980年代拍摄经典作品《敦煌》,在古稀之年仍关注边缘青年的话题,执导《蛇舌》。蜷川的“艺二代”身份,让其在幼年时就对艺术耳濡目染,剧场,剧院、美术馆、书店是她课业之余最长去的地方。当了职业摄影艺术家之后,她于2007年、2012年执导两部影片《恶女花魁》和《狼狈》。[1]

她的作品中的獨特的色彩感,不少的作品都是由出了名色彩誇張的 愛克發負片膠卷「ULTRA」所形成的,以及 柯達Kodak Ultra Color (UC) 所拍攝的。2005年5月,受到愛克發停止膠卷業務的影響,開始使用由柯達公司所推出的「ULTRA COLOR」膠卷,可惜這兩支底片, 都已經停了產有好一段時間了。[2]除了商业人像,她绝大多数作品都是随机拍摄的,连辅助的灯光都不开。她不会根据主题进行拍摄,而是拍那些打动我的瞬间。[1]

蜷川实花數次得到木村伊兵衛写真賞,2007年2月24日公開的電影「さくらん 」(中文:惡女花魁),是她首次擔任導演的電影,2008年個展「蜷川実花展」在日本全国美術館巡回展出,吸引18万觀眾。2010年紐約Rizzoli 「MIKA NINAGAWA」写真集出版成為世界各国之話題。2012年導演映画『ヘルタースケルター(Helter Skelter)』公開,票房收入達22億日元。[3]

主要成就[3]

  • 1996,「第7回写真『ひとつぼ展』」グランプリ受賞,「第13回キヤノン写真新世紀」優秀賞受賞
  • 1998,「第9回コニカ写真奨励賞」受賞
  • 2001,「第26回木村伊兵衛写真賞」受賞
  • 2006,第13回VOCA展2006「大原美術館賞」受賞
  • 2007,映画『さくらん』を監督、第57回ベルリン国際映画祭、及び第31回香港国際映画祭に特別招待作品として正式出品
  • 2012,映画『へルタースケルター』を監督、2012年度「新藤兼人賞銀賞」受賞

主要寫真集[3]

  • 2017

「earthly flowers, heavenly colors」(MATOI PUBLISHING)

  • 2016

「Light of」(河出書房新社)
「poison yellow」(SELF PUBLISHING)
「IN MY ROOM」(スペースシャワーネットワーク)
「FASHION EXCLUSIVE」(光村推古書院)

  • 2015

「斎藤工 蜷川実花 東京編」(ギャンビット)
「斎藤工 蜷川実花 京都編」(ギャンビット)
「斎藤工 蜷川実花 箱根編(限定復刻版)」(ギャンビット)
「蜷川実花:Self-image」展カタログ(原美術館・MATCH and Company)
「REON」(柚希礼音写真集/宝塚クリエイティブアーツ)

  • 2014

「脱ぎやがれ!」(大島優子写真集/幻冬舎)
「Oh! My RODY」(TMWC)

  • 2013

「ニナデジ Vol.2」(MATOI PUBLISHING)
「TOKYO INNOCENCE」(光村推古書院
「Self-image」(MATCH and Company)
「月刊ソ・イングク × 蜷川実花」(イーネット・フロンティア)
斎藤工 × 蜷川実花」(ギャンビット)
「Renaissance」(VANNESS写真集/竹書房)
豊川悦司 × 蜷川実花」(ギャンビット)
「NINAGAWA MEN 1」(講談社)
「NINAGAWA WOMAN 2」(講談社)

  • 2012

「月刊MEN 松田翔太」(イーネット・フロンティア)
「月刊MEN 三浦翔平」(イーネット・フロンティア)
「HELETER-SKELTER MIKA NINAGAWA」(パルコ出版)
「オラオラ女子論」(祥伝社)
「月刊MEN 綾野剛」(ポニーキャニオン)
「girl」(水原希子写真集/講談社)
「月刊MEN 金子ノブアキ」(ポニーキャニオン)
「Go Ayano (MARC JACOBS BANG BANG)」(heuristic + artbeat publishers)
「STAIRWAY TO HEAVEN 蜷川実花 X 阿信|天堂|影像書」
「月刊MEN 武田真治」(ポニーキャニオン)
「月刊MEN 大東駿介」(ポニーキャニオン)
「インド化計画 Energy」(LD&K BOOKS)

  • 2011

「太陽」東方神起写真集(幻冬舎)
「月刊MEN SPECIAL 窪塚洋介 NOWHERE」(ポニーキャニオン)
「桜」(河出書房新社)
「PLANT A TREE」(MATCH and Company)
「月刊MEN SPECIAL 窪塚洋介 NOWHERE」(ポニーキャニオン)
「月刊MEN 真司郎」(ポニーキャニオン)
「ニナデジ Vol.1」(MATOI PUBLISHING)
「蜷川実花の言葉集」(イーストプレス)
「月刊MEN 向井理」(ポニーキャニオン)
「宝海大空×蜷川実花」(講談社 宝海大空写真集)
「しょこれみかんぬ 2」(ワニブックス 中川翔子写真集)

  • 2010

「写真集 桜 稲垣早希」(吉本ブックス)
「noir」(河出書房新社)
「MIKA NINAGAWA」(Rizzoli New York)
「月刊 芦名星」(新潮社)
「Lumen#07 NINAGAWA BAROQUE」 (artbeat publishers)
「PHOTO GRAPHICA特別号NINAGAWA SHANGHAI 2010」(エムディエヌムック)

  • 2009

「UMEZZ HOUSE」(小学館)
「FLOWER ADDICT」(美術出版社)
「月刊 熱帯魚」(新潮社)
「月刊 奥菜恵FINAL」(新潮社)

  • 2008

「NINAGAWA WOMAN」(講談社)
「FEVER 水夏希写真集」(阪急コミュニケーションズ)
「EROTIC TEACHER ××× YUCA」(祥伝社)
「蜷川妄想劇場 ~mika’s daydreaming theater~」(集英社)
「新・妊婦道」(講談社 岩堀せり著)
「L FILE No.15」(集英社)

  • 2007

「girls’ holiday!」(インデックスコミュニケーションズ)
「CELINE meets Mika Ninagawa」(CELINE)
「しょこれみかんぬ」(ワニブックス 中川翔子写真集)
「IRODORI : Anne in the philippines」(角川マガジンズ 杏写真集)
「さくらん写真集」(講談社)
「ANNA」(講談社 土屋アンナ写真集)

  • 2006

「永遠の花」(小学館)
「ラッキースターの探し方」(DAI-X出版)
「蜷川宏子のパッチワークキルトcollaborate with Ninagawa Mika」(インデックスコミュニケーションズ)

  • 2005

「floating yesterday」(講談社)
「WE LOVE ジェンヌ:極彩 TAKARUZUKA」(阪急コミュニケーションズ)
「キミイロオモイ」(幻冬舎 大塚愛フォトエッセイ集)

  • 2004

「月刊 宮地真緒」(新潮社)
「プリンセス」(講談社 栗山千明写真集)
「over the rainbow」(講談社)
「Milk」(集英社 成宮寛貴写真集)
「mika」(講談社)

  • 2003

「PARAÍSO」(講談社 小池栄子写真集)
「Liquid Dreams」(エディシオン・トレヴィル)
「Acid Bloom」(国内版/エディシオン・トレヴィル 海外版/Nazraeli Press)
「幸福論(日本の新進作家)」(エディシオン・トレヴィル)
「月刊 遠藤久美子」(新潮社)
「White Ice Sherbet」(飛鳥新社 土屋アンナ写真集)

  • 2002

「ChANPlOO」(角川書店 小林明実写真集)
「月刊 木内晶子」(新潮社) 「a piece of heaven」(エディシオン・トレヴィル) 「like a peach」(講談社)

  • 2001

「Kissよりおいしいお菓子を教えて」(河出書房新社 詩写真集 詩:chiaki)
「MIKA FLOWERS」(ピエ・ブックス ポストカードブック)
「Pink Rose Suite」(エディシオン・トレヴィル)

  • 2000

「Sugar and Spice」(河出書房新社)
「東京色-仁香写真集」(光進社)

  • 1999

「Baby Blue Sky.」

  • 1998

「17 9 ’97」

參考資料

  1. 1.0 1.1 【雅昌专稿】蜷川实花:摄影是我创作的原点. 雅昌艺术网. 2017-11-13 [2019-03-27] (中文). 
  2. 色彩絢爛的攝影世界 - 蜷川實花 Ninagawa Mika. photalks. 2011-01-18 [2019-03-27] (中文). 
  3. 3.0 3.1 3.2 Profile : Ninagawa Mika / 蜷川實花. 蜷川實花 official website. [2019-03-27] (日语).